BLOG

ブログ

不まじめなことも書いています。

Chromeでbxslider.jsに不具合が出たときは…※2019/04/08追記

2019.03.28

subordinate

これを書いたのは下っ端です。

前回の「Google ボット対策ツール「reCAPTCHA」をv3に移行しました。」から3ヶ月が経ちました。
早いですね、2019年ももう4月、そして新年号です。

最近、超簡単に導入できるjQueryスライダーでおなじみの「bxSlider」に若干問題があることが分かりました。
一次的なこと(?)かもしれませんが、ブラウザのChromeがバージョンアップした事でbxSliderで設定したリンクがクリックできない(反応しない)ようになりました。
他ブラウザ(edgeやfirefox等)では問題ないようなので、次回のバージョンアップで直る可能性もありますが、これからのこともあるので、思い切ってjQueryスライダーのjsを変えました。

2019/04/02追記
「bxSlider」をどうしても使いたい!リンクがクリックが出来ればOK!という方は、bxSlider.js内の設定
touchEnabled : true

touchEnabled : false
に変更するとクリックは出来るようになります。※スワイプが出来なくなるので機能的には若干問題あり。
2019/04/08追記
「bxslider クリックできない」や「bxslider chrome 動かない」といったキーワードでこちらの記事にたどり着いた方は、Twitterで情報を集めるとリアルタイムで対処法や打開策が見つかる可能性がありますよ。
お急ぎの方は是非!Twitterで「bxslider」を検索!

こちらも有名ですね。
レスポンシブに強いカルーセルスライダー「slick」。
bxSliderとは若干仕様が異なりますが、動きや見た目を似せることは可能でした。




「bxSlider」から「slick」への変更は、難しいレイアウトではない限り1時間程で可能だと思います。
もしbxSliderが動かなくて困っている方は、お気軽にお問い合わせください。

BLOGを見る